FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンクリートにタップを立てたい時(ボルトプラグ)

ボルトプラグ

先日客先より「コンクリートにタップを立てたいが何か良い部品はないですか」という相談を受けました。
普通部材に雌ねじを作る場合には部材が金属であることがほとんどで、
専用の工具を使用し下穴を開けてネジを切っていきます。
しかし、コンクリートの場合には展性がない為、タップで雌ねじを作る事はできません。

そこで使用するのがボルトプラグで正確には「コンクリートにねじ山を作る」のではなく、
「コンクリートの穴に雌ねじの付いた部品を埋め込む」という方法になります。
アンカーボルトと基本的には同じ考えで

お客さんにも非常に満足してもらえまたひとつ勉強になりました。
これを見ている方でコンクリートにタップを立てたいけれどどうしてよいか分からない方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。


ボルトプラグのメーカーのサイト


ボルトプラグ販売↓
http://www.nejishop.com/shopdetail/016010000152/order/
スポンサーサイト

六角ボルト 半ねじのネジ部長さの計算方法

六角ボルトだけに限らず六角ボルトには全ネジ(首下全てねじが切られているねじの呼び名)と半ネジ(首下の長さの一部のみねじ部の場合の呼び名)があります。
ネジ部が短いボルトなどは全て全ねじですがネジが長くなると半ねじと全ねじの両方が存在します。

全ねじの場合はネジの長さの計算は簡単で六角ボルト6×10といえば呼び径6のネジ部の長さが10mmの六角ボルトになります。
ところが半ねじの場合のネジ部の長さの計算は少し面倒です。

下記は六角ボルトの場合の半ねじのネジ部の長さの計算方法です(Lは首下の長さ)。

L=  ~129    ねじ呼び径(d)×2+6
L=130~219   ねじ呼び径(d)×2+12
L=220~      ねじ呼び径(d)×2+25


例えばM20×150の場合「(d)20X2+12=52」でネジ部の長さは52mmになります。
プロフィール

takaaki

Author:takaaki
ねじ・ナット・ボルト・ワッシャーに関するブログを書いています。
通りすがりの方でもかまいませんのでぜひコメント頂ければうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。