FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタカナの「ネジ」なのかひらがなの「ねじ」なのか

ねじとネジ

更新が途絶えてしまってからだいぶ経ちますが当ブログの趣旨であります自分用のメモという目的で記録しておきたい内容がありましたので久しぶりではありますが再開します。

ここ最近またWEB関連のショッピングサイトを更新する際に悩むことがありました。
それは締結部品としてのねじ(ネジ)をカタカナで表記するのかひらがなで表記するのかという事です。

JIS B 0101のねじ用語では「ねじ」とひらがなで表記されておりカタカナ表現は用語説明では一度も出てきません。
おそらくこちらが公式の表現という事になると「ひらがなのねじが正しい表記」という事になるかと思います。

しかし、WEB上では検索にひっかからなければそもそも見てももらえないという特性上どうしても
「よく使用される表現」にせざるを得ないことが多いです。
過去五年間のGoogleトレンドのキーワードとしての比率を見てみますとカタカナの「ネジ」が70なのに対して
ひらがなの「ねじ」は47になっています。
これはつまりカタカナの「ネジ」のほうがひらながの「ねじ」より1.5倍近く検索では使用されているという事になるかと思います。

特に時系列的にみてみるとこの五年間でひらがなのほうはほぼ横ばいに対してカタカナのほうが徐々に上昇しています。
これは以下のように関連キーワードを見ても「締結部品としてのネジ」以外の目的で検索される事が増えたとういうのも一因としてあるかと思います。
ネジの関連キーワード


関連キーワードで多く出てくるのは恐らく漫画のタイトルかと思いますが、
同漫画がいつ公開されたのか分かりませんがネット等を見る限りそんなに前ではなさそうではあります。
そうなりますと締結部品としてのカタカナの「ネジ」の認知度の上昇はあると考えてよさそうです。

少なくとも五年前の時点ですでにひらがなの「ねじ」を上回っている事を考えてもこれからはカタカナ表現が主流になっていくのかも知れません。
スポンサーサイト
プロフィール

takaaki

Author:takaaki
ねじ・ナット・ボルト・ワッシャーに関するブログを書いています。
通りすがりの方でもかまいませんのでぜひコメント頂ければうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。