FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四角ナットと板ナットの違い

四角ナット 板ナット

一般のナットが六角形なのは周知の事とは思いますが世の中には四角形のナットも存在します。
比較的有名な四角形のナットに「四角ナット(写真左)」と「板ナット(写真右)」があります。

四角ナットも板ナットも当然の事ですがねじやボルトと組み合わせて部材を締結する事が目的ですが、
六角ナットには出来ない用途があります。
それは溝に四角ナットや板ナットをはめて使用して回り止めに使用するという用途もあるからです。

普通の六角ナットはボルトと六角ナットを締めたり緩めたりする時はボルト側とナット側の両方を工具で固定しなければならず両手がふさがれます。
四角ナットと板ナットを溝にはめておけばボルト側だけを締めれば良くなります。

写真を見ると呼び径が違うので見た目も多少違うと思うのですが、実際には何が違うのかという疑問を持った人もいると思います。

まず一番大きな違いは厚みが違うということです。
M4の場合で比べても板ナットは1.8mmに対して四角ナットは3.2mmと2倍弱もあります。
用途の違いもこの厚みで使い分けるのがよいと思います。

ではなぜ名称が違うので巣しょうか。
それは四角ナットは普通の六角ナットが基準になっているからです。
事実M4の六角ナットはM3.2と四角ナットと同じ厚みです。

それに対して板ナットは「四角い板にメネジが欲しい」という用途から生まれたからだと思われ、
板の厚さが基準になっています。
その為名称も「板」ナットになっていると思われます。

名前の由来の違いはあるのですが厚み等の寸法の違いで選んでよいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

実は管球アンプ作りするのに、シャーシーに穴あけないでラグ端子付けたいと
考えていたなっと(板ナット)です。
ナットをシャーシー裏に瞬接するわけです。
或いは竜面テープ留めです。

このページに何となく関連してますね。

Re: No title

板ナットをその様に使用されるというのは初めてお聞きしました。
新しい用途を知る事も自身の引き出しにおいて重要なので今後もコメント頂ければ幸いです。


> 実は管球アンプ作りするのに、シャーシーに穴あけないでラグ端子付けたいと
> 考えていたなっと(板ナット)です。
> ナットをシャーシー裏に瞬接するわけです。
> 或いは竜面テープ留めです。
>
> このページに何となく関連してますね。
プロフィール

takaaki

Author:takaaki
ねじ・ナット・ボルト・ワッシャーに関するブログを書いています。
通りすがりの方でもかまいませんのでぜひコメント頂ければうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。