FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロゼットワッシャーの用途



ロゼットワッシャーをご存知でしょうか(ローゼットワッシャーといったりもします)。
多分箱モノ等の設計をしている人やねじ屋さんなら知っていると思います。

ロゼットワッシャーの主な製造法は二種類あります。
一つは鋳造でもう一つはプレス加工です。
鋳物の特徴は値段が高い代わりに高級感があります。
プレス品は値段が安い代わりに見た目も安く出来上がっています。

ロゼットワッシャーh名前の通りワッシャーの一種です。
普通のワッシャーは呼び径が同じであれば基本的に丸皿ねじや皿ねじ以外の頭のネジに使えます。
しかし、このロゼットワッシャーだけは丸皿小ねじと皿小ねじ専用のワッシャーです。

というのも丸皿小ねじと皿小ねじは普通の丸形のワッシャーが使えず、
一般的には部材にザグリ加工(皿ねじの頭を入れるための円錐状の穴をあける事)をして対処しますが、
平らな穴に丸皿小ねじや皿小ねじを使用したい時に使用します。

そうすると見た目は非常にすっきりとした形状で丸皿小ねじや皿小ねじを使用できます。
しかし、「なぜトラス小ねじを使用せずあえてロゼットワッシャーに皿小ねじを付けるのか」
という疑問が残ります。

多少はとめる部分の外径は小さくなりますが単価で考えても、
トラス小ねじと丸皿小ねじ+ロゼットワッシャーを比べても安いです。

設計者によるとロゼットワッシャーを使用する主な理由は以下の2点だそうです。
 (1)下の部材や塗装を傷めないため
  これはつまり「ワッシャー」としての目的にし使用する為のようです。
 もちろんワッシャーを使用するもう一つの用途であるネジの角度を安定させるためもあるそうです。
 (2)外見
  つまり設計者のセンスで選んだという事です。

これ以外にロゼットワッシャーを使用している目的を使用している人がいたら教えてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ナンバープレートにも

ナンバープレートの、盗難防止のためのロックナットにも使われているようです。一般的には専用工具が必要なロックナットも、ネジザウルスなどで直接ボルトの頭を回せば、M6程度の小さなボルトなら緩めることもできます。その点、ローゼットワッシャーを噛ませると、ワッシャーが回るだけでボルトが緩むことはありません。また、ワッシャーの形状によっては直接掴むことすら難しくなります。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

takaaki

Author:takaaki
ねじ・ナット・ボルト・ワッシャーに関するブログを書いています。
通りすがりの方でもかまいませんのでぜひコメント頂ければうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。