FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組み込みねじ(セムス)の組み合わせと使用頻度(ワッシャーのみのセムスは本当に必要か否か)

セムスの組み合わせと使用頻度
SW=スプリングワッシャー 大W=JIS or ISO規格の大ワッシャー 小W=JIS or ISO規格の小ワッシャー
*これらのデータはあくまで一部の用途を抜き出した参考比率で業界全体の比率をあらわすものではありません
また、上記以外の種類のワッシャーのデータは省いています

このブログを見ている方で組み込みねじを知らない方はいないと思いますがあえてまず先に説明させていただきます。
組み込みねじ(セムス)とは使用する際にワッシャー類をつける手間を省く為、
ねじを製造する際にワッシャー類を取り付けたねじの事です。
0020080000032.jpeg


実際には世の中には沢山の種類のワッシャーがありますが、以下の3種類がほとんどです。
 ①大ワッシャー(以下大W)
 ②小ワッシャー(以下小W)
 ③スプリングワッシャー(以下SW)
この①~③をねじに組み込む場合は以下のパターンがあります。
 ①大Wのみ
 ②小Wのみ
 ③SWのみ
 ④大W+SW
 ⑤小W+SW

ここでグラフを見てください。大W+SWと小W+SWで全体の75%を占め、SWのみで21%、大Wのみもしくは小Wのみはあわせて全体の約4%しかありません。
ではなぜでしょう?
結論から言うと「使う理由があまりないから」だと私は考えています。

Wのみは「座面を安定させる為」、SWのみは「ゆるみ止め」、W+SWは「SWを付けたいけどSWが小さいから部材との接触面を安定させたいから」になります。

では「Wのみの使用も意味があるのでは?」と思われたと思います。
実はその通りで意味はあります。しかし、Wのみの使用に代わるねじがあるからなのです。
それは「トラス小ねじ」や「バインド小ねじ」など頭の大きなねじがこの代わりを果たしているからです。中にはワッシャーヘッドと呼ばれるWが完全にくっついたねじもあるくらいです。
0000.jpg

先ほども説明しましたがWは「座面を安定させる為」に使用します。
ではなぜ安定するのでしょうか。答えは部材との接触面積が増えるからです。
つまり頭部の大きなトラス小ねじやバインド小ねじはWやSWと同じ位の大きさがあり、
なおかつ組み込みねじより安いので大Wのみや小Wのみの組み込みねじの代わりに採用されているものと考えられます。

Wはこのほかに六角ナットや六角ボルトに使用される事もありますが、
同じ理由でフランジナットやフランジボルトが代わりに使用される事も増えています。

私は逆にWのみの組み込みねじを使用される方が「なぜWのみを選択したのか」という方に興味があります。
外観上の理由やさまざまな理由があると思いますが、中には絶対トラス小ねじやバインド小ねじで良かったといわれる方もいると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takaaki

Author:takaaki
ねじ・ナット・ボルト・ワッシャーに関するブログを書いています。
通りすがりの方でもかまいませんのでぜひコメント頂ければうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。