FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナットの製造現場見学と製造方法

先日ナット製造業者さんを見学に行きました。
ねじに携わっている人は知っていると思うのですがナットの製造方法は大きく分けて「Aつぶして作る(鍛造)」と「B削って作る(切削)」があります。
先日見学したナット業者さんは後者の切削(B-1に当たる)という製造方法でした。
加工の流れとしては以下のようになっていました。

六角棒材の削りと穴空け→削りかすと製品の分離→(必要に応じめねじ部内側の面取り)→めねじ切り→検査
切削ナットの製造工程


私もこの機会にナットの製造方法を知っておこうと思い調べてみました。
そうしたら鍛造と切削にも種類がありそれぞれ得手不得手があるという事を学びました。
(あくまで私が調べた範囲ですので間違いや例外もあるかもしれません)

簡単にまとめると以下のようになっているようです。

A-1)鍛造-冷間加工 
鍛造の特徴として金型が必要という事があります。切削に比べて金型の大きな初期投資がかかる反面製造速度が速いのも特徴です。
単価が安く特にロットが大きい場合などが向いています。一般的な鉄のナットの製造方法で常温で加工し、熱間加工と温感加工に比べて精度も良いとされています。
ただしあまり大きなナットにはつぶしきれない為、その場合熱間加工や温感加工がよいとされています。
A-2)鍛造-熱間加工 
こちらも金型が必要ですが冷間加工だと加工がしずらい大きなナットを製造する場合、材料に熱を加えて加工しやすくします。大きな六角ナットは大体この加工方法で製造されているようです。
A-3)鍛造-温感加工 
冷間加工と熱間加工の中間にあたる加工方法でやはり金型を使用して加工します。SUS304などを加工する場合などに使用されます。
B-1)切削-自動旋盤(NC以外) 
切削加工の中でもナットを作る為に特化した切削加工で、金型を作るのではなく六角形の棒材を削って製造します。
真鍮など柔らかい材質で製造する事が多く逆に硬い材質で加工される場合はあまりありません。
NC旋盤との大きな違いは六角形に穴を空けナット型に削る工程とめねじを切る工程が分かれている事です。
こちらも大量生産向きですが製造可能な形状が限定されます。
B-2)切削-NC旋盤等の自動機 
こちらは一般的な切削加工で同じく金型を必要としない為、初期費用はかからない事が多くねじを切る工程とナット型に削る工程を同時に行います。
初期費用が発生しない点や複雑な形状が加工できる点が優れていますが、一個あたりの単価が高くなり簡単な形状の場合数十万個を作るような量産向きではありません。

もし社内でナットの製造方法を選定する場合、基本的には以下の加工方法で検討してはいかがでしょうか。
小さいナット大量に使用する場合----冷間加工
大きいナットを大量に使用する場合----熱間加工
熱間と冷間で加工ができない場合-----温感加工
真鍮製のナットを中量~大量に使用する場合----切削-自動旋盤(NC以外)
複雑な形状で小ロットを使用する場合-----切削加工(NC等)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

takaaki

Author:takaaki
ねじ・ナット・ボルト・ワッシャーに関するブログを書いています。
通りすがりの方でもかまいませんのでぜひコメント頂ければうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。