FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく使用されるねじランキング 小ねじ編

インターネットでのネジ販売ですが結構長い期間運営してきました。
材質や表面処理をはじめとして寸法構成も多岐に渉るため非常に奥が深くまだ自分でも学び切れていない部分があると感じています。
期間や定義は明記しませんがカテゴリー毎によく選定されるねじをランキングで記載していきたいと思います。
インターネットの検索対象になるか否かはネット販売サイトによっても異なる為、
必ずしも「これが一番世の中でも使われているねじ」という訳ではなく少しでもこれを見た人のねじを選ぶ判断基準になればと思います。

選定条件としては以下になります。
 1)材質・表面処理が違う場合は別製品としてカウントする
 2)寸法が違っても材質・表面処理が同じなら同一製品としてカウントする
 3)販売した数量ではなくどのくらい多くの人が使用したかをカウントする

今回は小ねじ類になります。
小ねじ類のショッピングサイト

小ねじカテゴリー 1位 皿小ねじ(ステンレス/生地)
(+)皿小ねじ(全ねじ 《ステンレス(303、304、XM7等)/生地(または標準)》
小ねじカテゴリーの1位はステンレス製の小ねじでした。
正直集計するまではステンレスのナベ小ねじが1位になると思っていました。
恐らく流通している量としてはナベ小ねじのほうが多いと思いますが、
皿小ねじのほうが現在では多岐にわたって使用されているという事なのでしょう。
ステンレス製が選定される理由は少量ロットの取り扱いがステンレスはありましたが、
鉄製は箱売りからという販売期間が長かったからだと容易に予想が付きます。
選定される際には現在では小ロット取扱いもしていますのでこれから選定される方は以下の鉄の材質も候補に入れてもらえるとうれしいです。
(+)皿小ねじ(全ねじ 《鉄(または標準)/三価ホワイト》
(+)皿小ねじ(全ねじ 《鉄(または標準)/ニッケル》

小ねじカテゴリー 2位 ナベ小ねじ(ステンレス/生地)
(+)ナベ小ねじ 《ステンレス(303、304、XM7等)/生地(または標準)》
皿小ねじには及びませんでしたが2位にはステンレス製のナベ小ねじがランクインしました。
部材が平らでめねじがある場合においてはやはり価格・寸法の多様性等の理由から多くの人に選ばれているという事が分かりました。
私も「頭部形状はなんでもいいですよ」と問い合わせを受ければまずはナベ小ねじをお勧めしています。
ステンレス製が多く選ばれる理由としては皿小ねじと同じかと思います。
また鉄製ナベ小ねじも現在では小ロット対応可能になっています。
(+)ナベ小ねじ 《鉄(または標準)/ニッケル》
(+)ナベ小ねじ 《鉄(または標準)/三価ホワイト》

小ねじカテゴリー 3位 トラス小ねじ(ステンレス/生地)
(+)トラス小ねじ 《ステンレス(303、304、XM7等)/生地(または標準)》
皿小ねじ・ナベ小ねじと大きく差が開いてはいますが3位はステンレス製のトラス小ねじでした。
一般的によく使用される小ねじは何かと言われれば「ナベ小ねじ」「皿小ねじ」「トラス小ねじ」「アプセット小ねじ」「丸皿小ねじ」「バインド小ねじ」になるかと思います。
丸皿小ねじと皿小ねじは基本ザグリ加工がしてある場所に使用されるため少し他の4種類とは根本的に用途が違いますが
ナベ小ねじとの比較対象としてはよくトラス小ねじが挙げられます。
トラス小ねじの最大の特徴としては上記皿・丸皿以外の4種類の小ねじの中で一番頭の径が大きいので、
ワッシャーなしで使いたいとき等に使用されていると思われます。
ステンレス製が選ばれる理由としてはナベ小ねじ・皿小ねじと同じかと思われます。
トラス小ネジも上記二種類のねじと同じように現在では鉄製も小ロット対応品がありますので、
これからは鉄製の使用頻度も上がってくるのではないかと予想しています。
(+)トラス小ねじ 《鉄(または標準)/三価ホワイト》
(+)トラス小ねじ 《鉄(または標準)/ニッケル》
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takaaki

Author:takaaki
ねじ・ナット・ボルト・ワッシャーに関するブログを書いています。
通りすがりの方でもかまいませんのでぜひコメント頂ければうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。