FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三価クロメートのユニクロ

この間お客さんからねじのメッキ指定で「三価クロメートのユニクロ」という表面処理の要求がありました。

初めて聞いたので会社の人もあまり知っている人がいませんでしたが、
メッキ業者に聞くと確かにあるそうですし実際にねじに三価ユニクロの表面処理を行っていることもまれにあるそうです。
正直私にはねじだけに限らず三価ユニクロの存在意義がよくわかりません。
単価も普通流通性の良い白の方が安くなります。

分からない人の為に説明します。
私の知る限り三価クロメートは「毒性のある六価クロメート(彩色)とユニクロ(白)の代替。色は白。防錆効果がニッケルメッキよりある。」でした。
つまり「色が白なら三価クロメート(白)と何が違うの?」という事です。

確かに色は若干違います。
しかし本当にそこまで違いがあるのでしょうか。

一つ考えられるのは「同じモデルでRoHS対応しなければならないから」だと思います。
同じ製品を定期的に購入している人(もしくは法人)にとっては突然外観が変わったら、
「なんでだろう。品質が不安定なのかな」など事情が分からない人にとっては不安に思うかもしれません。

これ以外にねじだけでなくても敢えて三価(白)ではなく三価ユニクロを使用する目的を知っている人がいたら教えてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takaaki

Author:takaaki
ねじ・ナット・ボルト・ワッシャーに関するブログを書いています。
通りすがりの方でもかまいませんのでぜひコメント頂ければうれしいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。